仕事に役立つ話もしますが、休みの日には畑におります。

守破離という言葉も有名になりました。 私が「共著 成功ノート」の中で、間違って紹介してしまったからとは言いませんが、そのままネット上で使われてしまっているのをよく見かけます。 【世阿弥の花伝書の中にある「守破離」を受け・・・】 そんな文章を間違えて書いてしまったのが、思った以上にいろんなところで、そのまま書かれており、本の影響の大きさを反省しています。 どうもすいませんでした。 確かに守破離は、世阿弥に大きく影響しています。 しかし、世阿弥の花伝書の中で紹介されているのは、「序破急」であり、守破離ではないんです。 意味も違います。 ただ、世阿弥の花伝書そのものの中においては、統一したメッセージとして、真似から入り、オリジナルへと なっていくプロセスについて語られてはいます。 そしたら嘘か? いいえ、そうでもないようです。 世阿弥は花伝書を作り、花伝書そのものを要約するとすれば、まさに守破離でした。 実は、世阿弥には娘さんがいます。 その娘さんと結婚した世阿弥の娘婿さんが、金春禅竹さんという方です。 この方は、一休宗純さんというお坊さんに帰依していたわけです。 そうです、なんとあの一休さんです。 まぁ、一休さんの弟子が世阿弥の義理息子ってなわけです。 その関係上、一休さんは、世阿弥とも交流があったようです。 その証拠に、一休さんが住職を勤めたお寺(大徳寺)の境内には観阿弥・世阿弥のお墓がありますね。 さて、お話しはそこでは終わりません。 この一休さんのお弟子さんでもあり、世阿弥の娘婿でもある「金春禅竹」さん。 一方で、一休さんに帰依していたのが、村田珠光さんという方です。 村田珠光さんと言えば、その「侘び茶の思想」は武野紹鴎に受け継がれ、 その弟子、千利休によってより深められていきます。 1400年ぐらいに完成したと言われる世阿弥の「風姿花伝」。 1422年には世阿弥は出家して観世大夫となっています。 そこから、一休さん(1481年没)という友人を経て、 一休さんの弟子、村田珠光さん、そしてその弟子、千利休(1522年生まれ)へと、世阿弥の影響は、受け継がれていったのかも 知れません。 茶の湯の祖である村田珠光(むらたじゅこう)は「風狂の禅坊主 一休宗純の弟子として」晩年を一休と共に過ごしています。 南北朝の分裂、応仁の乱など戦乱が続いた室町は「茶と花と能、これらが禅によって結びついていた」'能禅茶花一味'の時代でした。 珠光は、「一休編集文化圏にいた」世阿弥・金春善竹から能を、池坊から花を、そして心敬から連歌といった影響を受け、 特に心敬の'冷えサビ'というコンセプトと茶の湯を結びつけたと言われています。 それが千利休によって受け継がれ、 千利休は、歌を詠んだ。 「規矩(きく)作法 守りつくして 破るとも 離るるとても 本(もと)を忘るな」 これが守・破・離なんですね。 守破離のオリジナルは、世阿弥や一休の影響を受けた「利休」だったというわけです。
独り言です。 マクドナルドさんが苦しそうですね。 どれぐらいの苦しさなのか、わかりませんが、飛び交っているニュースを見る限りでは、相当にきわどい状態が伝わってきています。 時事通信社さんのニュース http://www.jiji.com/jc/zc?k=201512/2015122200826&g=eco 「あんなに勢いのあった会社なのに、どうしてなのかな?」 と不思議に思ったので、すこしだけ調べてみたら、 http://qna.mcdonalds.co.jp/other/ こんなサイトがありました。 お客さんが知りたいことが、あんまり書かれてないですね。 「お客をこ馬鹿にしているのか?」と感じるような箇所もあったり・・・。 こうした細かい所に出ちゃったりするんですよね。こわいですね。 それにしても、マクドナルドさんは平成20年に日本トイザらスの株式を全部売っぱらっていたんですね。 日本トイザらスは、日本マクドナルドの創業者・藤田さんが設立にかかわった会社です。 ハッピーセットの玩具特典の大成功で成長してきたマクドナルドさんですが、こうした頃から、歯車が狂ってきてたのかも知れないなぁ・・・と勝手に推測したりして。 こんな記事書いても面白くもなんともないな。 テスト記事なのでお許しをー。
11月から12月にかけて、スナップえんどうの苗が発売されるのですが、今年は、それを買いそびれました。 夏に収穫して茹でて、マヨネーズつけて食べるスナップえんどうが楽しみだったのに、いらいらしています。 しかし、12月に苗を植えても、ちっさい苗はそのまま育たず、霜に耐えて冬を越します。 そして春先からぐんぐん成長して、花を咲かせて、実がなるんです。 じゃ、春先に苗植えたら、それで育つんじゃね? 毎年、そう思いながら、冬に苗を買うわけですが、今年は買いそびれたので、春先に苗を植えてみようと思っています。 これはテスト記事です。 http://www.marketingtornado.co.jp
10 / 11« 先頭...7891011

PAGE
TOP